お月見の宴レポート

00001

2013年9月19日。そう、この日は中秋の名月。
というわけで、北海道神宮で、第1回 hanasakeお月見の宴を行いました。

よし、お月見の宴をやるぞ!と決めてから、チラシを作って、口コミで広め、たくさんの飲食店さんをめぐり、チラシ設置をお願いし、キャンセル待ちがでてしまうほどのお申込みをいただきました。チラシ設置にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。そしてキャンセル待ちになってしまった方、大変申し訳ありませんでした。次回はぜひ!
こんなに人気が出てしまい、蔵も10蔵来てくれるとなると、今度はプレッシャーの嵐(涙)。
なんとかかんとか、ひーひー言いながら無事終わることができました。最後の挨拶で「終わることがうれしい」と発言したわたし。アホか!?ですよね・・ごめんなさい。でも、ホンットにたくさんの方に助けられて無事終わることができました。ありがとうございました。

さて、イベントの方は、まず、北海道酒造組合による「利き酒チャンピオン大会の予選と決勝」。優勝者は東京の全国大会に出場です。北海道代表、がんばってほしいですね。
そして、①酒米に北海道米を使っていて、②1500円(四合瓶)以内で、③蔵が次世代に残したいと思うお酒10種類をブラインドで飲み比べ。わたしもイベント終了後飲み比べてみましたが・・・う~~ん、どれもこれもおいしい!笑 要は「わからない」ということか?笑
その後、参加者に「自分がおいしいと思って、次世代に残したい!」と思うお酒に投票していただきました。金賞は大雪の蔵さんの“絹雪”。銀賞は日本清酒さんの“千歳鶴 特別純米”という結果になりました。来年はどこになるでしょうか?ん?来年もやるのか!
最後は北海道酒造組合プレゼンツで、お花見の宴に続き、今回もお琴の演奏。またまた聞き入ってしまいました。

いろいろ至らないところだらけだったと思いますが、たくさんの方々に支えられているなぁと改めて実感したイベントでした。(平島 美紀江)

000020041_large 0074_large 0033_large 0037_large 0049_large 0056_large 0060_large 0079_large 0068_large0098_large0085_large

Post Comment